両家 顔合わせ 兄弟。 結婚 親の顔合わせは兄弟も行くの?場所や支払いはどうする?

顔合わせ食事会にふさわしい服装は?【男性・女性】【父母・兄弟】 | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

両家 顔合わせ 兄弟

この記事の目次• 顔合わせ食事会でかかる費用相場は6. 4万円!二人が払うのが一般的 婚約したカップルがお互いの家族を紹介し、親睦を深める目的で食事をする顔合わせ食事会。 一般的には結納前、もしくは結納の代わりに行われるものですが、顔合わせ食事会の費用相場はいくらくらいなのか気になりますよね。 によると、顔合わせの食事会でかかる費用の平均は6. 4万円となっています。 「5万円未満」が49. 4%と最も多く、その次に多かったのは「5万円~10万円未満」が38. では、この顔合わせ食事会の費用は誰が支払うべきなのでしょうか? 詳しくみていきましょう。 顔合わせの支払いは誰がするのかは、事前に決めておくのがマナー 一般的には、顔合わせ食事会でかかる費用の支払いは、両家で折半することが多いようです。 ですが最近では、新郎新婦が両家を顔合わせ食事会に招待するという形で、二人で支払うケースが増えています。 どちらの場合にしても、スムーズに支払いができるように、誰が費用を出すのかあらかじめ決めておくようにしましょう。 次に、それぞれのケースで支払いの際に注意したい点についてご紹介します。 新郎新婦二人が支払うケース 新郎新婦が二人で支払う場合には、費用を事前に封筒に入れて用意しておくもしくは、新郎が費用を預かっておくと良いでしょう。 食事会の前に、双方の両親に自分たちが支払うことを伝えておくとスムーズに支払うことができます。 また、費用負担の割合についても前もって決めておきましょう。 二人で費用を折半し出し合っても良いですし、新郎が多めに負担するなど納得するかたちで決めましょう。 両親が支払うケース 両家が支払う場合は折半するのが一般的でしょう。 しかし、どちらかが遠方から出向く場合には、食事会の会場に近い側が費用を多く負担する場合もあるようです。 二人で負担するのか、両親が支払うのか、どちらにしても当日まで決めずに揉めるようなことはないようにしましょう。 続いて、顔合わせ食事会のときにかかる食事以外の費用についてみていきます。 2万円以外に顔合わせでかかるお金の項目まとめ 両家の顔合わせ食事会では、食事の費用以外にもかかる費用があります。 食事会にかかる費用だけでおさまるわけではないため、他に何に費用が発生するのか把握しておきましょう。 他にかかる費用は以下の通りです。 ・ 手土産代 一般的なマナーとして手土産は必ずしも必要なわけではありませんが、準備する方が多いでしょう。 相手側の両親の好みなどを事前にリサーチした上で準備することをおすすめします。 菓子折りなどの手土産を用意するのであれば、高価なものにこだわる必要はないので、3,000円~5,000円を目安にするといいでしょう。 ・ 振袖レンタル代と着付け代 女性であれば最後に顔合わせで振袖を着たいという方も多いと思います。 振袖レンタルだけなら安ければ3万円代からあるようですが、着付けやヘアセットなどすべて込みで準備するとなると費用もかさむため、いくらかかるのか確認しましょう。 ・ ヘアセット代 美容室によって異なりますが、大体3,000円~5,000円ほどはかかることが多いでしょう。 ・ 交通費 特にどちらかの両親が遠方で食事会のために出向く場合は、交通費がかかります。 交通費も誰が負担するのか事前に決めて手配をしておくとスムーズです。 ・ 宿泊費 顔合わせの食事会が遠方で日帰りできない場合には、宿泊費を用意しておく必要もあるかもしれません。 こちらも交通費同様に誰が負担するのか決めておきましょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 結納を行う場合の相場とかかる費用 顔合わせ食事会だけでなく、結納を行う場合や、結納と顔合わせ食事会両方を行う場合もあるでしょう。 先程と同調査によると食事を含めた結納式の平均費用は、10. 1万円となっています。 料亭やホテルなど、女性側の自宅以外で結納式を行う場合には会場費と食事代がかかるでしょう。 また、それ以外にも結納にかかる費用項目と相場を簡単にご紹介します。 ・ 結納金 新郎側が用意する結納金の平均金額は、92. 3万円でキリのいい数字であることから100万円で準備することが多いようです。 ・ 結納品 新郎側だけが贈る場合と、新郎新婦どちらも結納品を用意して交換する場合があります。 地域等によっても関西式・関東式などわかれておりますが、結納品にかかる平均費用は14. 1万円となっています。 ・ 結納返しの品代 新郎から贈られた結納品のお返しとして、新婦側が用意するのが結納返しです。 結納返しとして現金や腕時計などの品物を贈りますが、現金の場合は「50万円~60万円未満」がもっとも多く、次いで「10万円~20万円未満」が多い結果となっています。 さらに、品物の場合には「10万円~15万円未満」が一番多いです。 顔合わせ食事会の平均費用が6. 4万円であることを考えると、たとえ交通費や宿泊費がかかったとしても、結納を行う場合よりは両家にとってはるかに経済的負担が少なくすむことが理解できますね。 では次に、顔合わせの際の料金の支払いマナーについてご紹介します。 \お役立ち情報配信中!/ 料金支払いは両親の前でしないのが顔合わせのマナー! 新郎新婦二人で顔合わせ食事会にかかる費用を支払う場合、双方の両親の目の前で財布を取り出すことは避けましょう。 事前に、新郎新婦が食事会のすべての支払いを負担すると伝えていたとしても、目の前で子どもたちが支払いをしている姿を見るといたたまれなく感じる両親も多いものです。 双方の両親に気を遣わせないためにも、顔合わせ食事会の支払いは両親の見えないところでスムーズに済ませましょう。 支払いのタイミングとしてベストなのは、食後のデザートが終わった後です。 デザートを食べた後ならおそらく追加の注文もないでしょうから、支払いを済ませてしまっても問題はないはずです。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ どこで行なうのがスマートなのか デザートを食べ終わったタイミングで支払うのがオススメですが、着席したまま支払ってしまっては支払いのタイミングを見計らった意味がありません。 スマートに支払いをしたいなら、お手洗いに行くと断ってさりげなく席を立ち、支払いを済ませましょう。 このとき、新郎新婦二人で席を立つ必要はありません。 どちらかが支払いのために席を立たなければなりませんが、率先して新郎が支払いに行くほうが両家に良い印象を与えるかもしれません。 新郎が支払いをする場合、新婦側は事前に新郎に費用を預けておくか、もしくは後日自分の負担分の費用を支払うようにすると良いでしょう。 万が一相手側家族が支払ってくれた場合のお礼は必ず行う 万が一当日に相手側の両親が支払いをしてくれた場合には、必ずお礼をするのを忘れないようにしましょう。 お礼をするかしないかは、今後の関係に大きく影響してきます。 丁寧にお礼をしておくことで、相手側の両親と良い関係を築くことができるでしょう。 一般的に顔合わせの食事会の後には、貴重な時間を割いてもらったことへの感謝の気持ちを込めたお礼状を送ることが多いものです。 また、お礼状と一緒に、菓子折りや地元の銘菓などをお礼の品として贈ることができます。 いくらぐらいの品物を贈るべきなどといった決まりはありませんが、手土産代と同じくらいの費用を目安に用意すると良いかもしれません。 ここでは、支払いのベストタイミングやお礼など、顔合わせ食事会の支払いマナーについてお伝えしましたが、次に支払い時に気をつけたいポイントについてご紹介します。 \お役立ち情報配信中!/ 顔合わせの支払いで失敗しないためのポイント3選 顔合わせ食事会で初めて相手側の両親に会う人は当然ですが、食事会当日はいつもとは違う雰囲気に緊張してしまうかもしれません。 また、食事会では新郎新婦だけではなく、双方の両親も緊張している場合が少なくありません。 よりスムーズに顔合わせ食事会を行うためにも、支払いの時に失敗しないように気をつけたいポイントを3つご紹介します。 事前に誰が支払いをするのか決めておく 冒頭でもお伝えした通り、顔合わせの支払いを誰がするのか前もって決めていないと、混乱のもとになります。 みんながそれぞれの財布を引っ張り出し自分が支払うことを主張して一歩も譲らないなら、後々気まずい空気になることも考えられるでしょう。 そうなってしまうと、せっかく顔合わせ食事会で親睦を深めたのにすべてが台無しになってしまいます。 当日もめないためにも、顔合わせ食事会の前には誰が費用を出すのかしっかり決めておくことが大切です。 \お役立ち情報配信中!/ 2. 折半するようであればその割合も決めておく 誰が支払うかが決まれば次は、費用負担の割合まで決めておくと良いでしょう。 あらかじめ支払う割合を決めておけば、スムーズに支払いをすることができるはずです。 二人で支払う場合も折半なのか、新郎が多めに負担するのかなどの割合は納得するかたちで決めましょう。 また、両家が折半で出す場合でも、両親の支払い額の割合と新郎新婦の支払い額の割合まで決めておくことができます。 誰がどこまで負担するのかまで決めておくことで、当日の顔合わせも費用に関しては心配なく進行することができるはずです。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 3. 両親から負担の申し出があった場合は一度は辞退すべき 新郎新婦二人で食事会にかかるすべての費用の支払いをしようと決めていたとしても、両親から費用を負担すると申し出があるかもしれません。 子どものことを思う親心から、結婚式やこれからの新生活に向けてたくさんの出費が控えている二人に代わり、支払いを負担したいという両親もいるでしょう。 そのようなケースでは感謝しつつも、一度は丁寧に辞退しましょう。 顔合わせは新郎新婦が招待するという考えから、まずは自分たちが支払う意志を示すことが大切です。 とはいえ、理由を説明してもやはり支払いたいと思う両親もいるはず。 一度は辞退すべきですが、支払うことを主張しても引き下がらないのであれば、両親の気持ちを汲み取って支払いをお願いすることも可能です。 支払いだけじゃない!顔合わせ成功に必要な事前準備のポイント 顔合わせで気をつけたいのは支払いのことだけではありません。 成功に導くためには、予算を決めたり、食事会の会場を慎重に選んだりするなどの事前準備が大切です。 顔合わせを成功させれば相手側の両親との関係だけではなく、両家の関係も良好に保つことができ、これから先に控えている結婚式の準備を円滑に進めることができるでしょう。 具体的にどんな準備が必要なのでしょうか?事前準備すべきポイントをご紹介します。 \お役立ち情報配信中!/ 準備は入念に!顔合わせまでの段取り 段取りを立てて準備万端にしておけば、顔合わせへの不安や緊張を和らげることができるかもしれません。 どんな段取りが必要か1つ1つみていきましょう。 日付けを決める 結婚が決まり、両家顔合わせの食事会を行うことに決定したら、まず日程を決めましょう。 新郎新婦の都合ではなく、両家の出席者の都合をしっかり考慮していつ行うかを決めます。 一般的に、顔合わせは結婚式当日の半年前までの間に行われます。 食事会のために会場を予約する必要があるので、1日だけ選ぶのではなく、何日か都合の良い日をピックアップしておきましょう。 そうすることで、予定の日に会場が空いていなかったとしても、別の日を予約できます。 また、日柄にこだわりたいのであれば、お日柄の良い大安や友引の日がオススメです。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 出席者は誰? 会場を予約する前に出席者を確認しておきましょう。 両家の出席者となると両親をまず思い浮かべるかもしれません。 正式な結納の場合であれば、一般的には新郎新婦と双方の両親が出席者になりますが、顔合わせでは特に決まりはありません。 両親のほか、祖父母や兄弟姉妹を出席者として招くこともできるでしょう。 両家の間で、顔合わせに出席する人数に開きがあると良く思わない人もいるので、出席者が決まったら相手側の両親に伝えておきましょう。 予算を決める あらかじめ顔合わせにかける予算を決めておけば、会場選びも楽になります。 結納に比べるとリーズナブルですから、一人当たり1万円ほどの予算を組んでも良いかもしれません。 冒頭で紹介したように食事会以外にかかる費用も含め予算を決める必要があるでしょう。 場所を決める 予算が決まったら、次は食事会の会場を決定しましょう。 新郎新婦の実家のほか、顔合わせ食事会を行うのにふさわしい場所として、ホテルや料亭、レストランなどが挙げられます。 雰囲気にこだわるのか、料理にこだわるのかで選ぶ場所は変わってくるでしょう。 料理のジャンル 割合 和食 80. 格式の高さを感じることができる和食は、ハレの日にふさわしいと考えている人が多いことや、食事をしながら話をしやすいことが支持される要因でもあるでしょう。 どんな食事会にしたいのかをイメージしてから会場を選ぶと良いかもしれません。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 両家の両親の基本情報を確認 両家の両親の基本情報の確認もできるだけしておきましょう。 好きな食べ物や嫌いな食べ物のほか、健康上の理由で食べることのできないものなどを確認しておけば、食事会の会場となる料亭やホテル等に事前に伝えておくことができます。 また、場を盛り上げて和やかな時間を過ごすためにも、話のネタになるように両親の趣味や特技についての情報を入手しておくと良いでしょう。 大まかな進行内容を考える 最後に、滞りなく顔合わせ食事会が進行するように当日の進行内容を考えておきましょう。 待ち合わせからはじまり、最初の挨拶と両家家族の紹介となります。 婚約記念品を交換するのであれば、家族の紹介の後に行うと良いでしょう。 大まかにでも食事会の進行内容を考えておけば、「次はなにをするんだったかな?」なんてことにはなりません。 記念として思い出に残すためにも、写真撮影の時間を進行予定に入れておくと良いかもしれませんね。 最近ではプレ花嫁の中で顔合わせのしおりも流行しています。 詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。 ちなみに、新郎新婦が両親を食事会に招待する場合には、進行役は新郎の役割です。 また、両親が主催する場合の進行役は新郎の父親になるのが一般的です。 顔合わせ食事会の準備について紹介してきましたが、最後に食事会の服装やおすすめの手土産についてもご紹介します。 マナー違反だと思われない服装はスーツにワンピース!女性は振袖もあり 両家顔合わせの食事会であれば、服装にも気を配りましょう。 お互いの両親に好印象を与えたいと思う場合、女性であれば丈の短すぎるスカートや派手な色の服は避けるべきです。 新郎も新婦ともに、清潔感があり、なおかつ控えめで落ち着いた印象を与える服を選ぶように心がけましょう。 男性なら黒や紺系のかっちりしたスーツ、女性なら優しい雰囲気に見えるワンピースが適しています。 女性の場合、振袖も華やかで良いかもしれませんが、食事会の会場の雰囲気に合わせて服装を選ぶ必要があるでしょう。 また、両家ともにセミフォーマルにするか、それともインフォーマルにするかドレスコードを決めておくと服装の点でバランスが取れます。 そうすれば、浮いた格好をして恥ずかしい思いや気まずい思いをするのを未然に防ぐことができるでしょう。 \お役立ち情報配信中!/ 手土産は用意すべき!手土産に人気なのは洋菓子 実家で顔合わせの食事会を開く際には、訪問する側は手土産を用意する必要がありますが、訪問される側は、手土産を用意しておかなくても、特に問題はないでしょう。 しかし、ホテルや料亭で食事会をする際などは、お互いが気まずい思いをしないためにも、双方とも手土産を用意しておく心配りが大切です。 手土産として一般的なのは、菓子折りや昆布などの縁起物です。 また、相手側の好みを考慮して手土産を選ぶと、喜んでもらえるでしょう。 菓子折りや縁起物のほかには、地元の銘菓や地酒、お茶やコーヒーなどが手土産として選ばれているようです。 中でも、和菓子よりも比較的日持ちする洋菓子は人気の手土産です。 手土産を用意してお互いにちょっとした気遣いの心を示せば、両家の間に良好な関係を築くのに役立つでしょう。

次の

両家顔合わせの準備ダンドリ!顔合わせ挨拶のマナーや文例も徹底解説

両家 顔合わせ 兄弟

御主人の方がお義兄さんより収入が良いとか、容姿が良いとか、お姑さんが気に入っているとか何かしらの理由があるのでは? お義兄さんにとっては本来自分が主役のはずなのに、結婚相手の親族の前で嫌な思いをする可能性が高いと思っているのではないでしょうか。 お姑さんがおしゃべりな人なら、お義兄さんを差し置いて御主人を褒めてしまうとかかもしれませんね。 これまでそういう経験をして来ているので、せめて自分の結婚の顔合わせくらいはそういう思いをしたくないとかでしょうか。 お姑さんに内緒にしたいという事はお姑さんに関係がある気がしますよ。 お義兄さんの結婚相手とはこれまでほとんど関りがないなら、彼女ではなくお義兄さんの事情のように思います。 ただ、お姑さんに内緒は無理でしょうね。 あなた方から欠席を申し入れるとしたら、来てほしくないと言われたから欠席すると言わないと、不義理をする事になってしまいます。 人数が合わないから遠慮して欲しいと言われたとお姑さんには伝えておいた方が良いですよ。 それでお義兄さんに恨まれたとしても、お義兄さんよりはお姑さんとの関係の方が大事ですから仕方ないです。 ご主人は何人兄弟? 5人とか6人で、お相手が1人っこだったら、バランスが悪いかな?とは思うけど、それなら親を説得して、両親と本人達だけにすれば良いのに。 欠席するなんて言ったら、お姑さんが黙ってるわけないよね。 どんな理由をつけても、納得はしないだろうし、無理ですよ。 相手に気を遣わせるといっても、家族構成はわかっているのだろうし、今更ですよね。 やはり、義兄に連絡して、欠席は了承するが、お姑さんにはそのまま経緯を話すと伝える…ですかね。 もちろん、ご主人からね。 もしかして、顔合わせの費用は両家で折半だったりして? それなら相手に迷惑を掛けるというのも納得出来るけど…。 そうだとしても、親と負担割合について相談すれば済む話だし、やはり意味不明。 うちは、娘の結婚の時の顔合わせは、両親と本人のみで、費用は本人達が折半しています。 人数も同じだしね。 参考にはならないけど、一応。 断って欲しい 黙ってて欲しいの 理由には 当てはまらないから 何か プラスなのかマイナスなのか わからないけど 義兄にコンプレックスに感じていることが あるんだろうね 義兄に それは 受け入れられないし 姑には話すよ 行かないという判断は 構わないけど 理由は 義兄に来ないでと 言われたからです と 言っとかないと これからのこともあるし 結婚式も 来ないけど ご祝儀だけは 10万で とか なりそうだね 旦那さんが 出世頭で 羨ましくて そうなのか 高卒だったりとか 学歴に 勝手に何か感じてるのか 子供が 聞き分け無さすぎて どう言っても 騒いじゃった 過去の経験があり 現在進行形なのか 顔合わせにかかる費用 全て義兄持ちで 今までも 兄だからとか 跡取りだからと 金銭面 丸被せ だったりとか なんか あんでしょ 素直に おめでとうだし 顔合わせに でるでないは そちらで 決めていいけど 失礼が これからも 無いように 理由は共有させてよ で ええやん.

次の

両家顔合わせの席順の決め方!兄弟・祖父母は来る?【図解で説明】

両家 顔合わせ 兄弟

結婚前の親同士の顔合わせには兄弟も行くの? 親同士の顔合わせの食事会といえば、結婚する当人同士と両家の両親が出席するものというイメージが大きいですよね。 兄弟などがいる場合は相手の家から「兄弟も一緒にいかがですか?」とお声がけされたり、「せっかくなので家族で顔合わせをしましょう」と考える場合もあるのではないでしょうか。 実際には両親だけではなく兄弟もいる場合は兄弟も出席するものなのでしょうか? 一般的には親同士の顔合わせの席なので、 結婚する本人達と双方の親の六人で行うのが人数的にもバランスが崩れる事がないのでベストです。 しかし、どちらかの親御さんが出席できない場合など、兄弟が出席する場合などもあるようです。 それ以外でも顔合わせを 「家族同士の顔合わせの場」として捉える場合は兄弟も出席するケースもあります。 我が家の場合がそうでした。 「双方の家族で出席しましょう」という話し合いの元で兄弟も出席しました。 結納をいう形をとらず、結納兼顔合わせだったということもあったかもしれませんが、、、。 ですので、 「兄弟が出席したからおかしい」とか、「出席しないのは失礼にあたるのでは?」と心配する事はないです。 双方話し合いのもと「出席しましょう!」という事であれば、出席すればいいですし、呼ばれたけれど出席できない場合は、出席できない理由をキチンと話し、「今回は残念ですが出席できません」という事を事前に説明しておけば失礼にはならないでしょう。 両家顔合わせに兄弟が出席するのはちょっと違うかも、、、でも、兄弟も紹介する場があったほうがいいよね、、、という場合は、兄弟の顔合わせは別に席を設けてするという方法もあります。 とくに事前に紹介をしないといけないということもないですので、式当日に親族紹介などがある場合はそのときに紹介するとよいでしょう。 スポンサードリンク 結婚前の親同士の顔合わせ場所はどうする? 両家の顔合わせはどちらかの家で行う事もあります。 どちらかの家で行うのであれば、 彼女の自宅へ彼と彼の両親が伺うのが一般的です。 (婿入りされるのであれば逆になります) しかし、「家で食事の用意をするのは大変だから」と言う事でどちらかの自宅へ伺うのではなく、 料亭やレストランなどで行う場合も多いです。 どちらかの負担になるよりは、別の場所で席を儲けて行うほうがいいでしょう。 じゃあ どこがいいの? と結構迷う事が多いですよね。 大衆的なことろは避け、個室がありゆっくりと話しができるところがいいでしょう。 こちらのサイトからも検索できます。 探してみてくださいね。 地理的な場所に関しては、ご両親の住んでいる場所が遠方であれば、中間点をとるなど、お互いの負担が少ないように考慮してみましょう。 遠くてなかなか会う機会を作れないなどの場合は、結婚式での食事の打ち合わせなどで試食会などがある場合は、そのときに便乗して顔合わせを行うのも手です。 遠方であればあるほど打ち合わせの回数は少ない方が負担が少なく済むので、効率よく進めるようにしてみましょう 結婚前の親同士の顔合わせ 支払いは誰がするの? 両家の顔合わせは招いた側がお支払いをするのが一般的です。 自宅で行うのであれば、とくに折半などではなく、彼女側が料理等を用意しておき、彼側は手みやげを持って伺うのがいいでしょう。 料亭やレストランで行う場合は、顔合わせは結婚する本人達が両親達をお招きして自分たちの両親を紹介し合うというものなので、 「彼が払う」か、「結婚する二人で折半して支払う」のが基本です。 しかし、両家の顔合わせということで、 両家の親が折半して支払う場合もあります。 前もって打ち合わせをしておかないと、支払いの時に誰が支払うかで揉める場合もあり、金銭的な事で揉めるのは見ていてスマートではありませんよね。 事前に「自分たちで支払う事」をしっかりと伝えるなり、親が支払ってくれるのであれば「折半にするのでいくらかかります」というのをしっかりと伝え、彼が前もって両家分用意しておき、彼がお開き前にそっと支払いを済ませて、彼女の家の分はあとで請求するなどするといいでしょう。 まとめ 両家の顔合わせには兄弟も顔合わせには出席する場合もあります。 出席できない場合でもしっかりとした理由があれば欠席でも失礼にはあたりません。 両家の顔合わせなので、どちらかの負担になるよりは別の場所で席を儲けて行うほうがいいでしょう。 支払いは両家で折半が一般的。 彼がさっと支払いを済ませましょう! こちらも参考にどうぞ~.

次の