ご教示賜る。 「ご教示ください」の例文・意味と使い方・ご教授との違い

「ご教授賜る」の意味とビジネスでの言葉の正しい使い方

ご教示賜る

また取引先とのやりとりの中で、内容や手順、状況、対処の方法などを聞きたいときにも使われることがあります。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 ご指導をお願いいたします。 などが適切でしょう。 「ご教示願います」を使った例文をいくつか紹介します。 実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 ・〇〇のプランに申し込む場合の手順について、詳細をご教示いただければと思います。 ・貴社のご都合がつく日程を、いくつかご教示いただけますと幸いです。

次の

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教示賜る

[動ラ五(四)]• 1 「もらう」の意の謙譲語。 目上の人から物などをいただく。 ちょうだいする。 2 「与える」の意の尊敬語。 鎌倉時代以降の用法。 目上の人が物などをくださる。 3 神の許可を得て、通行を許してもらう。 4 (補助動詞)動詞の連用形、また、それに「て」を添えた形に付いて用いる。 ㋐「…てもらう」の意の謙譲語。 …ていただく。 ㋑「…てくれる」の意の尊敬語。 鎌倉時代以降の用法。 …てくださる。

次の

【例文つき】「ご教示」と「ご教授」の違い&正しい使い方とは

ご教示賜る

Please enlighten me on the specifics. 度合いはうまく伝えられないですが"Enlighten"という言葉であれば、例えばキリストが教徒にお教えを伝えて教徒が開眼する、などを表す時に使ったりする表現です。 It would be greatly appreciated if you could explain the details. これであれば上司にでも、部下の方にも、社外でも、丁寧に伝えたい時に使えます。 いずれも「~についての効果的なプレゼン資料の作り方を 教えていただきたい」という設定にしました。 大きく分けて2種類です。 1.目上の人にお願いする場合。 Please を付けると文頭であれ、文末であれやや強制力を 感じさせるので避けます。 代わりに I would appreciate it if you could が目上の 方に丁寧にお願いするときに便利な言い回しです。 3 いずれも同僚レベルの方にお願いするときの丁寧な言い方で、 教えてもらえるかどうかの可能性を聞いているので、相手が断る 際に気持ちの面での負担を感じさせないのでお勧めです。 3.の Could you give me は親しければCan you give me でも 差支えありません。

次の