マーブルパン レシピ。 【みんなが作ってる】 マーブルパンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

抹茶とあんこのマーブルパン 作り方・レシピ

マーブルパン レシピ

このパンが作りたくて、MKホームベーカリーを買ったと言えるんです。 MKホームベーカリーは「ねり」「発酵」「焼き」が独立しているので、マーブル食パンも簡単に作る事ができます。 生地をたたむという作業がちょっと大変ですが、慣れてくれば大丈夫。 出来上がった時は感動しますよ。 もともとは厚さがあるので(写真右)薄く伸ばすことになります。 厚みのある時は羊羹のようですので扱いも簡単。 2.ショコラシート以外の材料をホームベーカリーのパンケースに入れ、生地づくりメニューを選び、タイマーキーで発酵時間45分に設定しスタートさせます。 3.生地作りが終了したら(この時点でこねと一次発酵が完了です)生地をパンケースから取り出し、丸めなおし、かたくしぼったぬれぶきんをかけて15~20分休ませます。 5.正方形の生地に対して、ひし形になるようにミルクチョコシートを乗せます。 6.生地の四隅をミルクチョコシートの中心で合わせ、ミルクチョコシートをしっかり包みます。 空気が入らないように合わせ目をつまんでとじます。 伸ばした生地を三つ折りにします。 伸ばした生地をくるくると巻き、4等分になるように切り分けます。 12.パンケースのふちから2cm下くらいまで生地がふくらんだら発酵完了。 焼きにはいります。 (これができるのがホント便利!)。 発酵がすすんだら途中で取り消しキーを押せばOK。 13.メニューキーで「焼き」を選び、タイマーキーで焼き時間を45分に設定してスタートさせます。 焼きあがったら、すぐにパンケースからパンを取り出し、網の上でさまします。 もっと上手に作れるようになりたいな~ マーブル食パンは、また挑戦したくなるパンですね。 シートを変えるだけでいろんな味のパンが楽しめます。 残ったチョコシートは冷凍保存が可能です。

次の

しっとり甘いチョコマーブルパンレシピ

マーブルパン レシピ

作り方• 無塩バターは室温にもどしておきます。 チョコレートシートを作ります。 耐熱ボウルに牛乳、砂糖、強力粉を入れ、泡立て器で混ぜ合わせます。 ラップをし、600Wで50秒程加熱します。 ラップを取り、泡立て器で混ぜ、再度ラップをして600Wで30秒程加熱します。 ラップを外し、熱いうちにミルクチョコレートを割り入れて混ぜ合わせ、チョコレートが溶けたら広げたラップに出します。 15cmの正方形に整えて包み、粗熱が取れたら1時間ほど冷蔵庫に入れます。 生地を作ります。 ボウルに無塩バター以外の生地の材料を入れ、混ぜ合わせます。 粉気がなくなったらボウルから出し、こねます。 べたつきがなくなってきたら無塩バターを馴染ませ、表面がつるんとしたら丸めてボウルに入れます。 (一次発酵)• 2倍位の大きさになったらガス抜きをしてボウルから出し、丸めます。 濡れた布巾をかぶせて10分程休ませます。 (ベンチタイム)• 濡れた布巾を取り、とじ目を上にしてガス抜き麺棒で22cm程の正方形に伸ばします。 3をのせ、生地で包み、つまんで閉じます。 再度長方形に伸ばし、手前から巻き、巻き終わりをつまんで閉じます。 スケッパーで縦半分に切り、ねじり、2本をつまんで閉じます。 オーブンから出し、室温でさらに15分程発酵させます。 型の8割ほどの大きさになったら、蓋に無塩バターを塗ります。 焼き色が付いたら型から出し、粗熱を取って完成です。 料理のコツ・ポイント こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。 それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。 オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。 予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。 ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。 焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。 焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。

次の

しっとり甘いチョコマーブルパンレシピ

マーブルパン レシピ

この記事のもくじ• 編み込みチョコマーブル食パンの材料 折り込みシート• 強力粉 10g• コーンスターチ 10g• ココアパウダー 10g• グラニュー糖 30g• 牛乳 65g• チョコレート 70g• 卵白 1個• 無塩バター 10g 生地• 強力粉 250g• 砂糖 30g• 塩 3g• ドライイースト 4g• 全卵 25g• 牛乳 155g• 無塩バター 25g 編み込みチョコマーブル食パンの作り方 作り方の、ざっくりとした手順は下記になります。 発酵時間は、温度や湿度によって変わってきますので、参考程度にみて下さい。 折り込みシートを作る(15分)• パン生地を捏ねる(20分)• 一次発酵(40分)• 編み込み成型(20分)• 二次発酵(60分)• 焼成(30分) 発酵やベンチタイム、焼き時間が長いので、完成まで大体3時間ぐらいかかりますが、作業自体は、折り込みシートをつくるのを含めて1時間ぐらいです。 折り込みシートはチョコたっぷり。 生地も卵、バター多めのリッチな配合にしています。 成形は三つ編みにして、型に蓋をしないで焼いてます。 このあたりは、お好みでかえてみてください。 ちなみに、折り込みシートは冷凍も出来るので、頻繁に使うなら、まとめて作っておくと便利です。 また、前日に作って冷蔵庫に入れておいても大丈夫。 あと、今回なにもトッピングしませんでしたが、溶き卵を塗って、スライスアーモンドを散りばめても美味しいです。 動画で観る 画像とテキストで見る パン生地を用意している間に、冷蔵庫で冷やしておきたいので、まずは折り込みシートから作っていきます。 1、強力粉、コーンスターチ、ココアパウダーをボールに振るい入れます。 2、グラニュー糖を入れます。 3、牛乳を加えます。 4、ダマにならないように泡立て器でよく混ぜ合わせます。 5、電子レンジ(600W)で1分加熱します。 6、泡立て器でよく混ぜます。 7、チョコレートを加えます。 8、チョコレートが溶けるまで混ぜます。 溶け切らないようなら、レンジで少し加熱して下さい。 あまり加熱すると、卵白を入れたときに固まってしまうので注意。 9、チョコレートが溶けたら、卵白を加えます。 10、卵白が完全に混ざり、トロっとした状態になるまで混ぜます。 11、電子レンジ(600W)で1分加熱します。 12、泡立て器でよく混ぜます。 13、無塩バターを加えます。 14、しっかり混ぜ込みます。 15、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱します。 16、ぽってりと滑らかな状態になるまで、ゴムベラで勢いよくグルグル混ぜます。 18、冷蔵庫で冷やしておきます。 折り込みシートを冷やしいる間に、パン生地づくりをしていきます。 1、ボールに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れます。 2、全卵と牛乳を混ぜたものを、ボールに注ぎいれます。 3、ゴムベラで混ぜていきます。 4、ある程度まとまったら、手で捏ねていきます。 5、ひとまとまりになってきたら、台の上でしっかり捏ねていきます。 6、はじめはベタつきますが、捏ねている間にまとまってくるようになります。 7、表面がなめらかになるまで捏ねます。 8、無塩バターを加えます。 9、しっかりと捏ねていきます。 10、生地を薄く伸ばしたときに、破れずに膜が張るようになるまで捏ねます。 (グルテン膜チェック) 11、丸め直してボールに入れ、乾燥しないようにラップをして、約2倍の大きさになるまで一次発酵をさせます。 12、発酵が終わった状態です。 13、ガスを抜くように、軽く捏ねます。 14、表面が張るように丸めます。 15、濡れ布巾をかぶせて、ベンチタイムを15分とります。 16、台に打ち粉をします。 18、生地の中央に、冷やしておいた折り込みシートを置きます。 19、両側から生地を折りたたみ、中央で生地をしっかり閉じます。 20、上下の端もしっかり閉じます。 21、めん棒で押すようにしながら、40cm弱ぐらいの長さに伸ばしていきます。 22、三つ折りにします。 23、90度向きを変えます。 24、また、めん棒を押すようにしながら、40cm弱の長さに伸ばしていきます。 伸ばしにくくなってきたら、濡れ布巾を被せて、5分ぐらいベンチタイムを取ると、伸ばしやすくなります。 25、また、三つ折りにして、90度向きを変えます。 26、型の長さの1. 3倍ぐらいの長さに伸ばします。 27、よく切れる包丁で、縦に3等分します。 今回、生地の上部分を残して切りましたが、完全に切り離しても大丈夫です。 28、三つ編みにします。 最後は生地をつまんで閉じたら、とじ目を下に入れ込むに置きます。 29、優しく型に入れたら、型の7~8割ぐらいの高さになるまで二次発酵させます。 30、二次発酵が終わった状態です。 焼き色が付き過ぎるようなら、途中でアルミホイルを被せて下さい。 32、焼きあがったら、型ごと落とし衝撃を与えて、蒸気を抜きます。 33、クーラーの上に置き、荒熱が取れたら完成です。 実食 まだ気持ち温かいぐらいのときに頬張ると至福の味わいです。 チョコレートとパンが好きならきっと満足できる味かなと思います。 表面はサクッとしてて、頬張るとチョコが滲みたパンがしっとり、むぎゅっとした食感です。 ふんわりというよりも、ずっしり中身の詰まった食べごたえのあるマーブル食パンに仕上がってます。 それでいて、いくらでも食べられそうなのが恐ろしい….

次の